最新情報

2017.03.27 採用・面接

面接採用担当者は必見!面接に必要な心構えとは?

面接に必要な心構え3月は、企業も学生も採用面接への動きが本格化します。
採用試験において、ほとんどの企業が重視しているのが「面接」。
面接の時に努力しているのは求職者も企業も同じでしょう。

面接の目的は、採用側の「いい人材を選定する」という一方的なものではなく

 

応募者の会社に対する思いを

「興味がある会社」から「入社したい会社」に変える

そんな場でもあることを忘れてはなりません。

採用したい人材を逃さないためにも、面接を「良い出会いの場」にしていきましょう。

 

出会いを育てる心構え

会場

面接官に会う前、求職者の目に一番に飛び込んでくるのは「会場」の印象です。

清潔感があり、落ち着いて面接にのぞむことができる会場を用意しましょう。

社内でそのような空間を準備できない場合は貸し会議室の予約を利用しましょう。

 

貸し会議室びのポイント

  • 清潔感がある
  • 適当な広さを確保できる
  • わかりやすい場所にあるか
  • 待合場所があるか

 

大阪クロススクエアの会議室はこちら

 

面接官の印象

面接官は会社の代表です。つまり面接官の第一印象は「会社の第一印象」です。

外見と言葉選びには気をつけましょう。

求職者と「会社の代表」として接していることを忘れず誠実な姿勢で面接を行いましょう。
また、会社に不信感を抱く原因になるような受け答えはやめましょう。

残業や休日などの質問があれば、曖昧な返しをするのではなく

具体的な情報を提供し、求職者の信頼を得られるよう努めましょう。

 

心遣い

求職者への「おもてなしの心」を大切にしましょう。
数ある企業の中から自分の会社を選んで、面接まで出向いてくれたことに感謝しましょう。

その姿勢は、必ず面接に「心遣い」として現れます。

その滲み出た心遣いが「いい会社」として印象に残り、入社意欲を高めるのです。

 

最後に

いかかがでしたか?

面接はどんな時も「いい出会いの場」であるべきです。
求職者と採用者の両方が「出会えてよかった」
最後に思えるような面接になるといいなと思います。

 

 

 

大阪本町の貸し会議室-大阪クロススクエア-