最新情報

2018.02.22 採用・面接

採用担当者が説明会や面接で「良いこと」しか言わないのはNG

大阪本町貸し会議室

採用面接シーズン真っ只中ですが
企業の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

採用担当者の方々は忙しい毎日を過ごされているかと思います。

 

求める人材は企業によってさまざま。

企業が自社に合った人材を求めているように
参加者も自分にあった企業を求めているはずです。

では、参加者は説明会や面接に参加した時に

企業の何をみているでしょうか?

 

今回は、参加者の目線に立ってお話していきたいと思います。

 

 

「良いこと」しか言わない企業は怪しい

 

よく「良い人材」を採用したいという思いから
なるべく自社のデメリットを隠す企業がいます。

 

  • 少々の残業はあるのに「残業一切なし」と言う
  • 有給制度はあるが本当は有給が取りにくい環境
  • 初任給は低いため、多めに見積もって年収を言う

 

あまりにもできすぎた内容では「良い人材」は

企業のことをしっかり見極めて逃げていってしまいます。

 

また、採用しても「言ってたことと違う」となり
すぐに辞めてします原因になります。

 

メリットもデメリットも伝えよう

採用担当の方は

「いいこと」ばかり言うのではなく

マイナスに思える点を補う「プラスな点」を付け加え
自社の様子を話しましょう。

 

例えば・・・

 

残業は週に◯時間はあるが、超過した分は給料に加算されます。

残業しないで済むように入社後は慣れるまで先輩社員が一緒にタスクを管理します

週休2日制ですが繁忙期は出勤の可能性もあります。その際の代休は必ずあります

我が社は、初任給は低めですが確実に年1回昇給します

 

 

など、「プラスな点」をしっかり伝えましょう

 

新卒も中途も「働きたい」という気持ちから
企業の本当の言葉を聞きたいと思っています。

全てを話す必要はないですが、
「良いことだけ」しか言わないよう気をつけましょう。