最新情報

2018.10.26 採用・面接

中途採用応募者を面接する際の3つのポイント

中途採用 会場 大阪

新卒採用と同じく中途採用を行っている企業も多いのではないでしょうか。

中途採用に応募する方は、社会人として経験があるため
新卒採用の応募者とは企業を見るポイントが違ってきます。

 

優秀な人材は、内定を出したとしても他社へ流れてしまう可能性もあります。

そうならないためにも面接時にはしっかりと好印象を与えておきましょう。

 

そこで今日は、中途採用の面接をする際に気を付けたい3つのポイントをご紹介いたします。

 

 

1.募集要項との相違

面接の不満としてよくあげられるのが「募集要項との相違

 

例としては

・残業は月〇時間以内!と記載があったにも関わらず、面接では
「毎日■時間の残業は可能ですか?」と質問があった。

・◎◎手当ありと書かれていたのに、面接で質問をしたら対象になる条件は
かなり難しい条件だった。

などが挙げられます。

 

応募者を多く募るために、会社をより良く見せようとした表現で
アピールしすぎてしまうとせっかく面接に訪れた応募者
ギャップにショックを受けてしまいます。

 

面接で応募要項に書いてあったことが事実でないと発覚すると
会社の印象が悪くなるだけでなく、今の時代はインターネットやSNSを通じて、
ブラック企業のレッテルを貼られてしまう場合も・・・。

 

そのようなギャップを生まないためにも、
募集要項には事実と相違がないような文章を掲載しましょう。

どれだけ多く応募者を集めても、内定に至らなければ意味がありませんよね。

事実と相違のない内容で、
ギャップの生じない募集要項をつくることを心がけましょう。

 

2.専門知識の有無

中途採用の面接では、職務経歴書に書かれた「職歴」や
配属予定の部署に関しての質問が中心になってきます。

そんな専門職の面接で、面接官に専門知識がない場合、
応募者は「評価の正当性」に不安を感じてしまいます。

 

専門職の転職は職場環境の向上スキルアップを求めて行われることが多いので、

正当に評価してもらえるかどうか、応募者にとっては重要な項目になります。

 

面接には人事採用担当者だけでなく、
正当に評価することができるであろう配属先の上長、
もしくは関係者も参加することをおすすめします。

 

人柄だけでなく、戦力としてチームの仲間になることが
できるかどうかを判断することもできますので、
面接は2~3人で、人事採用担当者・部署の上長・関係者で行うようにしましょう。

 

3.面接に取り組む姿勢

企業がどれだけ採用面接に力を入れているか。
を気にする応募者が意外と多くいらっしゃいます。

自身への評価も含め、会社全体での面接への取り組み具合も
注意するポイントのひとつになります。

例えば、受付での対応すれ違った社員の態度
オフィスの雰囲気、BGMなど細かくチェックされる場合もあります。

 

もしオフィスに会議室を持たない企業の場合、
オフィスの片隅などで面接を実施してはいませんか?

もしかすると、応募者は「ないがしろにされているのではないか?」
と不安を感じてしまっているかもしれません。

 

面接の環境はとても大事です。

面接会場だけでなく待合スペースがあり、
すれ違う社員たちから挨拶が飛び交う。

そんな環境で面接を実施することをお勧めします。

 

最後に

採用会場 待合スペース

世の中が少しずつ変化をする中で「採用」という大きなテーマの中にも
常に変化が起こっています。

会場選びでお困りの際は、
大阪の中心「本町」の貸し会議室大阪クロススクエアにご相談ください!

お客様の考えておられる「採用」に合ったお部屋を
一緒に考え、ご提案させていただきます。

 

お電話でのお問い合わせ先 06-6479-2703
メールでのお問い合わせ先 ocs-info@cross-square.com
場 所 大阪クロススクエア
大阪府大阪市西区靭本町1-18-6 ベルアールビル